教育内容

探究の単元 Unit of Inquiry ―UOI(J), UOI(E), UOI(ICT)―

探究することが学びの基本、DIA初等部では探究の単元UOIをとても大切にしています。その中心になっているのがUOI(J)、日本語による探究の単元です。 UOI(J)では一つのテーマに沿って、子どもたちがそれまでの知識や経験を活かしながら自分の身の回りの世界をより深く理解することをめざしています。国語や社会、理科といった従来の教科の枠を超えて融合させた年間六つのテーマを学んでいきます。このテーマはIBが定めているもので、それぞれのテーマはどの学年でも、またどの国でも共通です。Central Ideaという探究の最終目標を定め、そこに到達できるように探究の流れを導いていくのが教員の役割です。DIA初等部ではここに学習指導要領の内容をあてはめ、必要な知識や技能を身につけることができるように工夫してUnitを計画しています。

Central Ideaに向かってUOI(J)と同時にUOI(E)では英語で探究をしていきます。また、探究に必要なコンピュータのスキルや情報収集の方法についてはUOI(ICT)の中で、主として英語で学習していきます。 UOIではクラス全体やグループの友だちと協力して、調べたり考えたりまとめたりする場面が豊富にあります。競争ではなく、協同する探究の中で、子どもたちはより豊かで確かな学力をはぐくんでいきます。

宿泊・校外学習 ―体験を通して学ぶ―

探究を進めていくうえで大切なのは、本物との出会い。現地へ出かけて行って、自分の目で見、耳で聞き、知りたいことを知る、それが心に響く本当の学びにつながるのです。これがUOIで校外学習に出かける理由です。
もちろん、探究のために校内でも情報収集をします。校舎の中央に位置する2層式の広々とした図書館の資料を使って調べること、また上のフロアにあるコンピュータラボを使って情報を集めること、それ以外にも必要な情報を持っていらっしゃる専門家の方を学校へお招きしてインタビューすることもあります。

↑ページトップに戻る