学校紹介

真に自立した人への成長にお手伝い

00001_844-2342702
同志社国際学院初等部・国際部
校長 横田健司

同志社国際学院では、一人ひとりのお子さんが豊かな人生を営めるよう、また、世界的な視野で活躍できる資質を磨けるようにお手伝いしており、その学びの営みの一つひとつが、神の愛の実現につながるものと信じています。 そのために本校は、極めてユニークな教育環境を備えています。まず、母語である日本語を基盤としつつ、自分の考えやアイデアをも英語で表現できる力を育んでいます。加えて、1つの校舎の中に初等部と国際部の2つの学校を併設し、様々な文化的背景を持つ子供達が異なる価値観を受け入れて、新たな物を見出す環境を目指しています。更に、国際バカロレアに準拠した、独自の探究型のカリキュラムを組んでいます。同志社の教育理念と国際バカロレアが求める学習者像は、相互に重なり合う部分が多く、自ら問題を発見し、その解決策を模索する人の育成を目指しています。このような教育環境を通じて、真に自立した、良心に従って世界に貢献する人への成長を促すことが、私達の使命と考えています。

総長 八田 英二学校法人同志社
総長 八田 英二

8名の生徒と2名の教師からなる同志社英学校は明治8年、校祖新島襄の自宅で産声をあげました。 以来140年以上が経過しましたが、幼稚園から大学に至るまで、すべての同志社諸学校の教育事業には新島が理想とした良心教育が息づいています。同志社の掲げる教育理念である「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」をもとに、グローバルな視点から初等教育を追求するために、2011年、同志社国際学院は教育活動を開始しました。学研都市に位置することから地元木津川市からも支援をいただきました。
同志社国際学院の教育の根幹には「良心を手腕に生かす人物の育成」という建学の精神があるのは勿論ですが、初等部では2つの特色ある授業が実施されています。ひとつは55%の授業は英語で行われていることです。この授業形態には文部科学省による教育課程特例校の指定を受けています。2番目は探求的学びです。これは児童が身の回りの世界をより深く理解することを目的としています。
「人ひとりは大切なり」と新島は常に語りかけました。他者への思いやりの心に充たされ、常に弱者に寄り添い、グローバルな資質を備えた人物こそが育成を目指す、また新島がこよなく愛した同志社人です。

学長 松岡 敬同志社大学
学長 松岡 敬

1875年、同志社英学校を創設した新島襄は、「基督主義きりすとしゅぎ学校がっこう幼稚園ようちえんヨリ大学だいがくいた迄実までじつ必要ひつようノモノトしんスレドモ、当時我輩とうじわがはい力尚微々ちからなおびびタリ」と同志社における幼少期より一貫したキリスト教主義の全人教育を夢として語りました。以来140年の時を経た今日、私たち同志社はその夢を引き継ぎ、幼稚園から大学院までを擁する学園となり、「良心を手腕に運用するの人物」の育成に努めております。同志社国際学院初等部は、新島の夢を紡ぎ、同志社の伝統の新しい枝として、素晴らしい教育環境を誇る木津川のこの地から世界へ向かって大きくはばたく人物を育てるために生まれました。多様性と寛容を旨とする同志社精神を吸収して、子どもたちがグローバル市民として世界を舞台に活躍してくれることを心から願っています。

↑ページトップに戻る